健康でいるためには身体を〇〇〇と捉えると良い

このなんとも言えない可愛らしい赤ちゃんは妹の娘です。

ほんと赤ちゃんは見てるだけで癒されます。ほっぺも足も全身プニプニ〜

でもなぜ赤ちゃんのときには、

プニプニで柔らかい身体が
大人になるにつれてつれ固くなるのでしょうか?

それには身体の水分が関係するといわれています。


赤ちゃんの時は、

身体の約80%以上が水分であるけど、

大人になると60%くらいになるそうです。

そしてこの身体の水分が健康を語る上で

とても重要であると言えます。

一般的に

「身体の巡りとか循環を良くしましょう」

と言われるのは、

この体内の水分(特に血液)代謝のことを言っています。

からだは水風船のようなものである


整体でも

水の流れ(代謝)を良くするために

身体を整えているといって過言ではないくらい

大切な考え方になります。


身体は水にプカプカ浮いている状態であり
これだけの水は何か袋に入れておかないと

こぼれてしまいます。

水を包む「膜」が必要です。

それが、筋膜や皮膚です。

私たちの体は、皮膚という素材で出来た
「水風船」のようなものなのと言えるのです。

皆さんもぜひ、自分の身体を水風船だと思ってイメージして過ごしてみてください。

カラダ巡り サロン杏芯堂

【JR矢野駅から車で15分】自然の多い住宅地の中にある自宅サロン。日々の仕事や家庭で疲れを感じストレスフルな方がカラダとココロを癒すことで本来の自然体を取り戻すための癒しの場所。